産後ダイエット

産後のダイエットで取り入れたい運動

女性にとって産後の体型の変化は、とても気になることでしょう。そのため、産後にお腹ダイエットに取り組む人は多くいますが、十分に気をつけながら実践しないと危険です。
産後の身体は、不安定な状態にあります。そのため、過激な運動や食事制限などを行うと、体調を崩してしまうおそれがあるのです。
産後は赤ちゃんの世話などもあるので、体力的に無理がない範囲で行うことが大切です。また、あまりにダイエットしなければと思い詰めてしまうと、ストレスとなってしまいます。マタニティブルーにもつながってしまうおそれもあるので、思い詰めないようにしましょう。
身体に負担をかけないように、産後のお腹ダイエットでは座った状態でできるストレッチが最適です。まずは足を伸ばした状態で腰を下ろし、ひざを立ててみましょう。みぞおちに手をセットしたら、ゆっくりと身体を倒していきます。
そして身体を途中でストップさせて、状態を起こします。お腹の筋肉が刺激されていることを実感しながら行うと、効果があらわれやすいでしょう。
倒しすぎると苦しくなってしまう人は、角度を調節するようにしましょう。少し慣れてきたら、角度を開いていくようにすると無理なくできます。姿勢がつらい場合は、足を開いても問題ありません。
余裕が出てきたら、お腹にひねりを加えるのもおすすめです。ひねりを入れることで腹斜筋が強化され、ウエストを美しく整えることができます。
赤ちゃんの首がすわってきたら、赤ちゃんを自分の太ももに乗せて抱き上げる動きをしてみましょう。赤ちゃんと一緒に運動することで、楽しみながら痩せることができるはずです。

カテゴリー:産後ダイエット

産後ダイエットに挑戦する

出産を経験すると、女性の体型はお腹を中心に変化があらわれます。そのため、出産後にダイエットに取り組む女性は多いですが、その場合は身体のケアも十分に行う必要があります。きちんとケアをしないと身体の負担が大きくなってしまうため、計画的にダイエットを進めていくようにしましょう。
妊娠、そして出産を経験した骨盤は、左右に広がった状態となっています。まずはこの骨盤を正常な位置に戻すことが、ダイエットの第一歩と言えるでしょう。
骨盤が開いた状態だと、身体全体の骨格に悪影響を与えていまいます。さらに、脂肪も蓄積しやすくなってしまうため、体型が崩れる原因となってしまうのです。
出産直後は特に骨盤に内臓が入り込んで、お腹がぽっこりとした状態になっています。腹筋も弱くなっているため、たるみがあらわれやすい状態となっているのです。
体型を美しく整えるためには、産後ケアをしながらダイエットを実践しなければいけません。無理のない範囲で運動をして、栄養バランスに優れた食事を摂りましょう。カルシウムをたっぷり摂って、栄養補給には十分に注意することが重要です。
骨盤の矯正効果のあるウエストニッパーなどを利用するのも、いい方法です。また、ヨガやストレッチにも骨盤を閉じる効果に優れたものがあるので、取り入れてみるといいでしょう。
ただし、出産後は身体が不安定な状態になっていることもあるので、無理をするのは禁物です。産後はダイエットに適した時期と言われているので、体重を落とすことも通常よりは楽なはずです。無理のないダイエットで、お腹まわりを引き締めていきましょう。

カテゴリー:産後ダイエット