メタボを解消しよう

メタボを解消しよう

ここ何年かで、メタボリックシンドロームは社会的な問題となってきました。そのため、お腹を中心としたダイエットの目的は、メタボ対策だという人も多いでしょう。
メタボは、高脂血症や高血圧、高血糖、内臓脂肪型肥満のうち、どれか2つ以上の症状があらわれることを言います。放っておくと動脈硬化などに発展することもあり、早期解消が望ましいとされています。
お腹に脂肪が付きすぎている場合はメタボのおそれがあり、腹囲によって判定することができます。その基準は、男性で85cm、女性で90cmとなっています。さらに中性脂肪が150mg/dl以上でHDLコレステロールが40mg/dl未満という条件もあります。
さらに、最高血圧が130mmHg以上あるいは最低血圧85mmHg以上であることも、条件に含まれます。また、空腹時に血糖値が110mg/dl以上であることも判断基準となります。内臓脂肪があること、そして血糖値、血圧、中性脂肪の中で2つ以上に該当すると、メタボと判定されます。
男性はもともと内臓脂肪がつきやすいと言われているため、女性よりもメタボのリスクは高まるでしょう。そのため、お腹まわりが気になる人は、早めにダイエットをはじめる必要があります。
ダイエットを成功させて、メタボを改善するには、低カロリーな食事と運動を計画的にしていくことが大切です。運動はウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を中心に、毎日少しずつでも実践していきましょう。

カテゴリー:お腹ダイエット