正しい姿勢でお腹ぽっこりを防止

正しい姿勢でお腹ぽっこりを防止

お腹がぽっこりしてしまう原因の1つが、姿勢の悪さだと言われています。お腹を引き締め、ダイエットの効果を高めるには、正しい姿勢をキープすることが大切です。背筋をぴんと伸ばすと、適度に筋肉が刺激され、それだけでダイエットにはいいとされています。
天井から頭を吊されているような感覚でいることが、正しい姿勢を保つ上で重要なポイントです。首を伸ばし、あごは引き気味で、お腹とお尻は意識して力を入れておきましょう。
ひざとふくらはぎは、なるべく開かないようにし、つま先は少し開いておくと美しい姿勢をキープできます。最初は姿勢を維持するのが大変かもしれませんが、慣れてくれば難しくありません。
姿勢が悪いと、人への印象にも悪い影響を与えてしまうおそれがあります。また、悪い姿勢はダイエットにもいい影響を及ぼしません。
だらっとした姿勢は、背筋や腹筋が適切に使われていない状態となります。筋肉を長期間使わないと退化し、余計に肥満が進行してしまうのです。
肥満が気になり出すと、人目を気にしてついついうつむきがちになってしまいます。ですが、背中を丸めてうつむき加減でいると、ますます太ってしまいやすいので注意が必要です。
正しい姿勢を意識することで、日常的に筋肉は強化されていきます。そのため、基礎代謝も高まり、効果的にダイエットができるでしょう。
正しい姿勢が維持できるようになったら、歩き方も意識して変えていくといいでしょう。優雅に歩幅を広くとって歩くようにすれば、お腹も効果的に引き締まるはずです。

カテゴリー:お腹ダイエット