お腹がぽっこりする原因

お腹がぽっこりする原因

お腹についた贅肉に悩んでいる人は、多いのではないでしょうか。そもそも、なぜお腹は太ってしまいやすいのでしょう。
そのもっとも大きな原因は、内臓脂肪の蓄積と言われています。内臓脂肪は腹腔に蓄積する中性脂肪のことを言い、メタボリックシンドロームの原因とも言われています。
また、加齢によってお腹がぽっこりしてしまう原因としては、運動不足によって筋肉が退化してしまうことが挙げられます。さらに身体はなくなった筋肉を補い、内臓を守ろうとして脂肪を蓄積していきます。
お腹の脂肪が気になったら、早い段階でダイエットを開始する必要があります。ですが、お腹は身体の中でも動きが少ない部分のため、意識的に動かしていかなければ、ダイエットは難しいでしょう。
ダイエットのためには、日常的に身体を動かすことが大切です。空き時間にストレッチを実践したり、エレベーターは極力使わずにできるだけ階段を選ぶなどの工夫は、ダイエットにとって非常に有効です。運動によって筋肉が増えることで、お腹は引き締められるので、しっかり実践していくようにしましょう。
また、ガスがお腹に蓄積している場合も、お腹が出っ張ってしまうことがあります。食物繊維が豊富な食品の食べ過ぎや、胃腸の働きが悪化して消化が正常に行われない場合は、お腹がぽっこりしてしまいます。
また、食べ過ぎや骨盤の歪みなどによっても、お腹が出てしまうことはあるでしょう。まずは原因を特定して、しかるべき対策を立てることが大切です。

カテゴリー:お腹ダイエット