お腹ダイエット

下着でお腹をカバー

ぽっこりお腹は早く何とかしたいものですが、即効性のあるダイエットはなかなかありません。そんなときに便利なのが、スリムに見せることができる下着です。
スリム効果のある下着には、2つのタイプがあります。1つは脂肪を燃焼させる効果を持つ、体質改善ができるタイプです。このタイプの下着は、身につけるだけで運動量が増加する効果があります。
身につけると自然に歩幅が広くなり、身体の動きが大きくなります。そのため、知らず知らずのうちにダイエット効果が高まり、無理なくやせることができるのです。
肥満の原因の1つである、運動不足を解消できることから、普段運動をする習慣がない人にもおすすめです。これはダイエットに活用しやすいアイテムと言えるでしょう。お腹の他に、二の腕やバスト、お尻などにも効果があると言われているので、試してみることをおすすめします。
もう1つは、骨盤矯正効果で体型を整え、骨格を正常な状態にするものです。お腹が出ているのは姿勢の悪さが原因の場合もあるので、姿勢を正しくすることでお腹をすっきり見せることができます。
また、姿勢の悪化は、筋肉の劣化を招き、お腹を中心に脂肪が溜まってしまいます。下着を利用して骨盤の位置を正しいものにすることで、姿勢を良くするとともに、効果的にお腹を引き締めることができるのです。
2つともダイエットに効果があるので、自分に合った下着を選ぶようにするといいでしょう。下着は続けて身につけることで効果があらわれるので、日常的に着るようにしましょう。

カテゴリー:お腹ダイエット

メタボを解消しよう

ここ何年かで、メタボリックシンドロームは社会的な問題となってきました。そのため、お腹を中心としたダイエットの目的は、メタボ対策だという人も多いでしょう。
メタボは、高脂血症や高血圧、高血糖、内臓脂肪型肥満のうち、どれか2つ以上の症状があらわれることを言います。放っておくと動脈硬化などに発展することもあり、早期解消が望ましいとされています。
お腹に脂肪が付きすぎている場合はメタボのおそれがあり、腹囲によって判定することができます。その基準は、男性で85cm、女性で90cmとなっています。さらに中性脂肪が150mg/dl以上でHDLコレステロールが40mg/dl未満という条件もあります。
さらに、最高血圧が130mmHg以上あるいは最低血圧85mmHg以上であることも、条件に含まれます。また、空腹時に血糖値が110mg/dl以上であることも判断基準となります。内臓脂肪があること、そして血糖値、血圧、中性脂肪の中で2つ以上に該当すると、メタボと判定されます。
男性はもともと内臓脂肪がつきやすいと言われているため、女性よりもメタボのリスクは高まるでしょう。そのため、お腹まわりが気になる人は、早めにダイエットをはじめる必要があります。
ダイエットを成功させて、メタボを改善するには、低カロリーな食事と運動を計画的にしていくことが大切です。運動はウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を中心に、毎日少しずつでも実践していきましょう。

カテゴリー:お腹ダイエット

きれいなくびれを作るために

きれいなくびれは、女性の憧れとも言えるでしょう。お腹を中心としたダイエットは、ぽっこりお腹に効果を発揮しますが、くびれを作り出すことはできない場合があります。美しいくびれを作るには、適切なお腹ダイエットを行うことが大切です。
そもそも、くびれがなくなってしまうのは、お腹まわりに贅肉がついてしまうことが原因とされています。若い頃であれば脂肪燃焼が活発に行われるため、お腹まわりも比較的すっきりしています。ですが、年齢を重ねるごとに脂肪燃焼は低下していくため、贅肉がつきやすくなってしまうのです。
また、リンパの流れの停滞やむくみが原因で、くびれがなくなることもあります。腸にガスや老廃物が蓄積することも、お腹がぽっこりしてしまう原因と言えるでしょう。
ダイエットをしてくびれを作り出すには、有酸素運動が有効だと言われています。有酸素運動は脂肪を燃焼させる作用があるので、脂肪の除去には最適と言われています。
有酸素運動の中でも実践しやすい、ヨガやウォーキングを習慣的に行うようにしましょう。腰にひねりを加えることで、ウエストにきれいなくびれが生まれやすくなります。
同じく腰をひねる動作が加わった、ベリーダンスやフラダンスもおすすめです。お腹の筋肉を強化することで、ダイエットにもいい影響を及ぼすでしょう。
骨盤のゆがみが、きれいなくびれを無くしていることもあります。骨盤矯正ベルトなどを活用して、ウエストラインを整えるようにしましょう。

カテゴリー:お腹ダイエット

便秘がぽっこりお腹の一因

ぽっこりお腹には様々な原因が隠れていますが、その1つに便秘があります。便秘は老廃物がスムーズに排出されていない状態なので、健康にも悪影響を与えています。放っておくと肌荒れなどのトラブルを引き起こすこともあるので、早い段階で対策を施す必要があるでしょう。
便秘に有効とされているのが、腸を活性化することと、食物繊維をたくさん摂ることです。食物繊維は野菜に多く含まれており、特に海草類や根菜は効果的に食物繊維を摂ることができる食品です。
ダイエットにとっても、野菜をたくさん食べることはいいとされています。野菜中心のメニューを心がけ、たくさんの水と一緒に食べるようにすれば、便秘解消とダイエットの2つの効果が得られるでしょう。
腸内を正常な状態に導くには、乳酸菌が豊富に含まれるヨーグルトを食べるのもおすすめです。ヨーグルトは腸を健康な状態にするために欠かせない善玉菌を増やし、悪玉菌を減少させることができます。
お腹を健康な状態にしたら、ダイエットと便秘解消のためにストレッチやマッサージを行いましょう。時計回りでさするように行うマッサージは、便秘解消に高い効果があるとされています。胃腸や大腸に作用して、働きを高めることができます。
腹式呼吸を取り入れたストレッチも、おすすめの方法です。適切な呼吸を心がけながらストレッチをすると、お腹の引き締め効果が高まります。腸も刺激を受けるので、便秘解消にも適したストレッチと言えるでしょう。

カテゴリー:お腹ダイエット

マッサージでお腹をすっきり

マッサージは気持ちがいいだけでなく、ダイエットにも効果が高いとされています。シンプルなマッサージであれば時間を選ばずできるので、お腹をすっきりさせるためにも習慣的に行いましょう。
お腹に刺激を与えるマッサージでは、お腹の筋肉をこするように行うのがポイントです。両手をお腹にセットして、外側から中心の方向にこすっていきましょう。
しつこい脂肪を落としたい場合は、揉むようにマッサージするとダイエット効果が高まります。まずはおへそから脇腹に蓄積した脂肪をつまみましょう。
脂肪をつまむときは、指先だけを使うのではなく、掌全部でたくさんの脂肪をつかむようにします。こうすることで、筋肉に大きく作用し、ダイエットにいい影響を与えるでしょう。
単調な動きだけでなく、自分で手の動きを工夫することが大切です。ねじりを加えたり、揉み込むような動きを取り入れたりしながら、お腹を十分に刺激していきましょう。
お腹のマッサージは、1日あたり3回程度行うとダイエットにいいとされています。ですが、強い力で何回もマッサージをすると、肌がダメージを負ってしまうことがあります。痛くない程度の力加減を心がけ、時間をかけて揉むようにするといいでしょう。
脇腹からお腹に腕を移動しながらウエストを引き締める方法や、おへその下から上にみぞおちになでていく方法も、効果的と言われています。入浴後などに行うようにし、お腹まわりをすっきりさせていきましょう。

カテゴリー:お腹ダイエット

ヨガでお腹を引き締める

ヨガは女性を中心に、人気を集めているエクササイズです。健康はもちろん、ダイエットにもいいとされているので、挑戦してみてはいかがでしょうか。
ヨガは通常の運動では刺激しにくいと言われる、インナーマッスルに効果があるとされています。また、有酸素運動でもあり、体力を使うエクササイズでもあるので、お腹を引き締めるのに効果的なのです。
リラックス効果が高いというのも、ヨガが持つ魅力の1つと言えるでしょう。心穏やかに様々なポーズを楽しめることが、ヨガの人気の理由と言えるのです。
ダイエット効果が高く、お腹を引き締めることができると言われるのが「V字のポーズ」です。床に座った状態で、両ひざを揃えるところから、ポーズはスタートします。そして息を吐きながら、時間をかけて右足を持ち上げていきます。
次に息を吸いながら、左足も持ち上げましょう。このときに、両方の足が同じくらいの高さになるように、意識することが大切です。
そして、息を吸いながら、両方の腕をマットと平行になるように意識しつつ持ち上げます。その状態をキープしながら、ゆったりと3回呼吸をしましょう。
このポーズはヨガが初めての人でも成功しやすいとされています。何回か実践して慣れてきたら、足をもっと上の方に持ち上げ、よりお腹を刺激しましょう。横から見たときに、美しいV字になっていることがポイントです。
ヨガは身体が温かい状態で実践することで、ダイエットにいいと言われています。十分に身体を温めて、怪我がないように実践しましょう。

カテゴリー:お腹ダイエット

ストレッチでお腹ダイエット

すっきりと細いお腹は、誰もが憧れるのではないでしょうか。すっきりお腹になるためには、ストレッチが有効だと言われています。
腹筋を刺激することができるストレッチは、脂肪が気になるお腹にも効果的に作用します。とてもシンプルな動きなので、ダイエットの一環として実践してみるといいでしょう。
まずは、脚を肩幅と同じくらいに開き、横方向に上半身を傾けていきます。この動作のポイントはお腹の脇を意識することで、できるだけ時間をかけて動き、その姿勢を数秒間維持します。
そして、ゆっくりと最初の姿勢に戻り、反対側も同じ動作を繰り返します。右と左で1セットとして、10セット程度行うといいでしょう。
このストレッチは狭い場所でもできるので、仕事の合間などでも手軽に実践できます。習慣的に行うことで、ダイエットの効果が高まり、お腹がすっきりとしてくるでしょう。
イスに座った状態で行うストレッチも、ダイエットにおすすめです。浅めにイスに座った状態で、アームレストや太ももの横に手をセットしましょう。
腹筋に負荷がかかっていることを意識しながら、ひざを胸の位置にまで持ってきます。上半身は最初の状態をキープしつつ、ひざを持ち上げるのが大切なポイントです。
持ち上げたひざは、十分に時間をかけて最初の状態に戻します。これを10回程度繰り返すと、お腹が刺激され、ダイエットに効果的です。
座ったままでできるストレッチは、デスクワーク中などでも実践できるのが魅力です。意識的に行うようにして、効率良くダイエットをしていきましょう。

カテゴリー:お腹ダイエット

運動でお腹ダイエット

お腹まわりがすっきりしているのは、美しい体型維持に欠かせない要素と言えるでしょう。お腹を引き締めるには、筋肉を強化する必要があります。
そもそも、お腹に脂肪がつきやすいのは、身体の持つ構造が関係しています。お腹には内臓があり、それを保護するために内臓脂肪が蓄積されています。
ですが、筋肉が衰えるとともに、内臓脂肪が増加すると、その影響で内臓の位置が変化してしまいます。そして、お腹がぽっこりとし、太って見えてしまうのです。これを解消するには、内臓の位置を正常な状態に戻す必要があります。
内臓を正常な位置に戻すには、適度な筋肉をつけることが重要となります。筋肉をつけることで下に移動していた内臓が、正常な位置に矯正されるのです。結果的に、ぽっこりと出ていたお腹も正常な状態へ戻ります。
内臓の位置が変化すると、骨盤の位置もずれてしまうことがあります。筋肉を強化することで、骨盤の状態も良くなるので、全身の姿勢が改善されるのです。
また、筋肉強化を目的として運動をすると基礎代謝も向上し、ダイエットの効果がアップします。基礎代謝が上がると、食事によって得たカロリーも消費しやすくなるので、効果的にお腹を引き締めることができるのです。
引き締まったお腹は、女性にとって憧れとも言えるでしょう。理想のお腹を手に入れるためには、適度に運動をしてダイエットを続けていくことが大切です。正しい方法でダイエットを実践してきましょう。

カテゴリー:お腹ダイエット

お腹をすっきりさせるには

ぽっこりお腹が気になったら、ダイエットを開始しましょう。お腹を引き締めるダイエットには様々な方法があります。
太ってしまう原因は様々ですが、睡眠不足や生活習慣の乱れは体型に悪い影響を与えると言われています。上質な睡眠を心がけ、健康的な生活に切り替えるようにしましょう。
また、食べ過ぎも太ってしまう大きな原因とされています。若い頃は新陳代謝が活性化している状態なので、たくさん食べても脂肪は蓄積されにくいと言われています。ですが、年齢を重ねるにつれて基礎代謝は低下していくので、年齢に応じて食事量もコントロールしていかなければいけないのです。
効果的にダイエットを続けていくなら、ダイエットグッズを活用するのもいい方法です。下着やサプリメント、健康機器など、バリエーション豊かなダイエットグッズが登場しています。自分に合ったものを選んで、実践してみるといいでしょう。
適度な運動も、ダイエットには欠かせません。筋肉トレーニングやストレッチで、効果的にお腹を引き締めていきましょう。ヨガもダイエットにプラスに働くと言われているので、試してみてはいかがでしょうか。
筋肉が衰えると、体型も崩れてしまいがちです。衰えてしまった筋肉を再び鍛え直すことで、体型も美しく整えていくことができるでしょう。
ダイエットを成功させ、引き締まった身体を手に入れるには、様々な方法を試してみることをおすすめします。日頃の生活を見直して、すっきりした身体を手に入れましょう。

カテゴリー:お腹ダイエット

お腹がぽっこりする原因

お腹についた贅肉に悩んでいる人は、多いのではないでしょうか。そもそも、なぜお腹は太ってしまいやすいのでしょう。
そのもっとも大きな原因は、内臓脂肪の蓄積と言われています。内臓脂肪は腹腔に蓄積する中性脂肪のことを言い、メタボリックシンドロームの原因とも言われています。
また、加齢によってお腹がぽっこりしてしまう原因としては、運動不足によって筋肉が退化してしまうことが挙げられます。さらに身体はなくなった筋肉を補い、内臓を守ろうとして脂肪を蓄積していきます。
お腹の脂肪が気になったら、早い段階でダイエットを開始する必要があります。ですが、お腹は身体の中でも動きが少ない部分のため、意識的に動かしていかなければ、ダイエットは難しいでしょう。
ダイエットのためには、日常的に身体を動かすことが大切です。空き時間にストレッチを実践したり、エレベーターは極力使わずにできるだけ階段を選ぶなどの工夫は、ダイエットにとって非常に有効です。運動によって筋肉が増えることで、お腹は引き締められるので、しっかり実践していくようにしましょう。
また、ガスがお腹に蓄積している場合も、お腹が出っ張ってしまうことがあります。食物繊維が豊富な食品の食べ過ぎや、胃腸の働きが悪化して消化が正常に行われない場合は、お腹がぽっこりしてしまいます。
また、食べ過ぎや骨盤の歪みなどによっても、お腹が出てしまうことはあるでしょう。まずは原因を特定して、しかるべき対策を立てることが大切です。

カテゴリー:お腹ダイエット