男女別脂肪のつき方

男女別脂肪のつき方

男性と女性では体質や体型が異なるため、太り方も少し違います。女性の場合は皮下に脂肪がつくという特徴があります。脂肪が付きすぎているお尻やタプタプとした二の腕、ぽっこりとしたお腹は、女性によく見られます。
女性の脂肪は柔らかく、特定の場所に蓄積されやすいとされています。女性の脂肪は、皮膚の下位部分に蓄積していきます。これは筋肉よりも外側に位置しており、皮下脂肪と呼ばれます。
皮下脂肪が蓄積しすぎると、体重も増加してしまいます。そして、膝など他の部位にも負担がかかってしまうので、ダイエットをして引き締める必要があります。
男性の場合は、ウエスト付近に内臓脂肪がつくという特徴があります。この脂肪はお腹にある、筋肉の内側の腹腔内に蓄積していきます。これは年齢を重ねるごとにあらわれるようになり、特に中年男性のお腹に顕著に見られます。
内臓脂肪は、外部からの衝撃から内臓を保護する役割を担っています。そのため、ある程度は必要ですが、過度についた状態は、メタボリックシンドロームなどのリスクを高めます。
女性につきやすい皮下脂肪は、ダイエットをしても無くすことは難しいとされています。対して、内臓脂肪はダイエットの効果があらわれやすく、落としやすいという特徴があります。
性別によって脂肪の種類は異なるため、それぞれの特徴を踏まえた上で適切なダイエット計画を立てる必要があるでしょう。効果的にお腹を引き締めるために、トレーニングの方法や食事の内容など工夫していきましょう。

カテゴリー:男性のダイエット