男性のダイエット

男性のためのダイエット

お腹まわりのダイエットが必要なのは女性だと思いがちですが、男性でもダイエットに挑戦する人はたくさんいます。男性にとっても贅肉の少ない、引き締まった身体は理想とされているのです。
男性は女性に比べて筋肉質なので脂肪はつきにくいですが、年齢を重ねるごとに太ってくる傾向にあります。これは中年太りと言われるもので、最近では多くの男性が体型に変化を感じているようです。
昔は男性はたくましく見えることから、太っていることが問題視されていませんでした。ですが、最近では男女問わず健康的な体型が好まれる傾向にあるようです。
また、肥満体型は自己管理がないことの象徴のように捉えられることもあり、だらしがないと思われることも多いようです。そのため、男性でもダイエットによってお腹を引き締める人は増えています。
特に男性の場合は、お腹まわりに贅肉がついていると、たくましさが軽減してしまいます。そのため、筋肉トレーニングを中心としたダイエットで、理想的な身体を作り上げることが多いようです。
メタボリックシンドロームも男性がダイエットを意識する、きっかけとなることが多いと言われています。肥満をきっかけとして糖尿病や高血圧などが引き起こされることは多く、肥満は見た目だけでなく健康にも悪影響を与えます。
計画的に、無理のない範囲でダイエットを続けていくことで、お腹まわりの贅肉は自然に落ちていきます。健康のことも考えて、早い段階でダイエットを開始することが望ましいでしょう。

カテゴリー:男性のダイエット

男女別脂肪のつき方

男性と女性では体質や体型が異なるため、太り方も少し違います。女性の場合は皮下に脂肪がつくという特徴があります。脂肪が付きすぎているお尻やタプタプとした二の腕、ぽっこりとしたお腹は、女性によく見られます。
女性の脂肪は柔らかく、特定の場所に蓄積されやすいとされています。女性の脂肪は、皮膚の下位部分に蓄積していきます。これは筋肉よりも外側に位置しており、皮下脂肪と呼ばれます。
皮下脂肪が蓄積しすぎると、体重も増加してしまいます。そして、膝など他の部位にも負担がかかってしまうので、ダイエットをして引き締める必要があります。
男性の場合は、ウエスト付近に内臓脂肪がつくという特徴があります。この脂肪はお腹にある、筋肉の内側の腹腔内に蓄積していきます。これは年齢を重ねるごとにあらわれるようになり、特に中年男性のお腹に顕著に見られます。
内臓脂肪は、外部からの衝撃から内臓を保護する役割を担っています。そのため、ある程度は必要ですが、過度についた状態は、メタボリックシンドロームなどのリスクを高めます。
女性につきやすい皮下脂肪は、ダイエットをしても無くすことは難しいとされています。対して、内臓脂肪はダイエットの効果があらわれやすく、落としやすいという特徴があります。
性別によって脂肪の種類は異なるため、それぞれの特徴を踏まえた上で適切なダイエット計画を立てる必要があるでしょう。効果的にお腹を引き締めるために、トレーニングの方法や食事の内容など工夫していきましょう。

カテゴリー:男性のダイエット

男性向けの筋トレ

男性の肥満の中でも代表的なのが、中年太りなどのお腹だけ出っ張ってしまうケースです。これは男性が内臓脂肪が多くあることと関係しています。
内臓脂肪は皮下脂肪と比べて、無くしやすいとされています。そのため、ダイエットの効果があらわれやすく、効率良く身体を引き締めることができるでしょう。たるんだお腹を改善するために、筋トレに挑戦してみましょう。
特に男性に向いているダイエット方法に、筋肉トレーニングがあります。筋トレをしっかり行うことで、ぽっこりしたお腹もスリムにすることができるでしょう。
筋トレには様々な方法がありますが、中でもダンベルを使用したトレーニングはおすすめです。まず両足を肩幅くらいに開いて、ダンベルを握ります。そして手を真下に下ろしながら、息を吐きつつ上半身にひねりを加えます。
ここで注意したいのが、足を固定しておくことです。足が動くと筋肉への負荷が軽減してしまうので、できるだけ足を動かさないように意識しましょう。
また、寝転んだ状態で行うクランチも、ダイエットにいいとされています。足をイスなどを使って固定したら、息を吐きながら上半身を起こしていきます。上がりきったら息を吐きながらもとの姿勢に戻り、この動作を繰り返していきます。
このときに呼吸や腹筋の動きを意識すると、よりいい結果を得られると言われています。最初は足を伸ばした状態で行って、慣れてきたらひざを曲げるようにするといいでしょう。腹筋を強化することで、お腹も引き締まっていくはずです。

カテゴリー:男性のダイエット

腹筋を鍛える男性のダイエット

男性がダイエットに挑戦する目的は、人それぞれです。お腹を中心に痩せたい人もいれば、引き締まったたくましい身体を目指している人もいるでしょう。男性の場合は女性のようにくびれたウエストを目指すだけでなく、筋肉トレーニングによって全身のバランスを整える人も多いようです。
お腹の中央には、腹斜筋と腹直筋があります。腹斜筋を強化すると、ウエストに適度なくびれを作ることができます。身体を横に持ち上げるサイドプランクで、脇腹を中心に強化していきましょう。
腹直筋を強化するのに有効なのが、レッグレイズやクランチです。レッグレイズは床に寝転んだ状態で行い、腹直筋下部に作用します。
クランチは筋トレの中でも基礎的な動作と言われ、様々なトレーニングに導入されています。寝転んだ状態で上半身を起こす動作で、腹直筋の上部に有効に作用します。
男性が思い描く理想の体型は人によって違いますが、代表的なものとしてはジーンズが似合う引き締まった身体が挙げられます。そのため、お腹に贅肉がたくさんあるような、たるんだ体型はダイエットで引き締めていくことが望ましいでしょう。
お腹を中心としたダイエットに取り組む場合は、引き締まった理想の体型を思い描くことが大切です。理想の体型をイメージすることで、ダイエットへのモチベーションを高め、持続していくことができるでしょう。
たくましく引き締まったお腹は、男性をより魅力的に見せてくれます。健康的に身体を引き締めるためにも、上手に筋トレを行っていきましょう。

カテゴリー:男性のダイエット