2011年3月の記事一覧

産後のダイエットで取り入れたい運動

女性にとって産後の体型の変化は、とても気になることでしょう。そのため、産後にお腹ダイエットに取り組む人は多くいますが、十分に気をつけながら実践しないと危険です。
産後の身体は、不安定な状態にあります。そのため、過激な運動や食事制限などを行うと、体調を崩してしまうおそれがあるのです。
産後は赤ちゃんの世話などもあるので、体力的に無理がない範囲で行うことが大切です。また、あまりにダイエットしなければと思い詰めてしまうと、ストレスとなってしまいます。マタニティブルーにもつながってしまうおそれもあるので、思い詰めないようにしましょう。
身体に負担をかけないように、産後のお腹ダイエットでは座った状態でできるストレッチが最適です。まずは足を伸ばした状態で腰を下ろし、ひざを立ててみましょう。みぞおちに手をセットしたら、ゆっくりと身体を倒していきます。
そして身体を途中でストップさせて、状態を起こします。お腹の筋肉が刺激されていることを実感しながら行うと、効果があらわれやすいでしょう。
倒しすぎると苦しくなってしまう人は、角度を調節するようにしましょう。少し慣れてきたら、角度を開いていくようにすると無理なくできます。姿勢がつらい場合は、足を開いても問題ありません。
余裕が出てきたら、お腹にひねりを加えるのもおすすめです。ひねりを入れることで腹斜筋が強化され、ウエストを美しく整えることができます。
赤ちゃんの首がすわってきたら、赤ちゃんを自分の太ももに乗せて抱き上げる動きをしてみましょう。赤ちゃんと一緒に運動することで、楽しみながら痩せることができるはずです。

カテゴリー:産後ダイエット

産後ダイエットに挑戦する

出産を経験すると、女性の体型はお腹を中心に変化があらわれます。そのため、出産後にダイエットに取り組む女性は多いですが、その場合は身体のケアも十分に行う必要があります。きちんとケアをしないと身体の負担が大きくなってしまうため、計画的にダイエットを進めていくようにしましょう。
妊娠、そして出産を経験した骨盤は、左右に広がった状態となっています。まずはこの骨盤を正常な位置に戻すことが、ダイエットの第一歩と言えるでしょう。
骨盤が開いた状態だと、身体全体の骨格に悪影響を与えていまいます。さらに、脂肪も蓄積しやすくなってしまうため、体型が崩れる原因となってしまうのです。
出産直後は特に骨盤に内臓が入り込んで、お腹がぽっこりとした状態になっています。腹筋も弱くなっているため、たるみがあらわれやすい状態となっているのです。
体型を美しく整えるためには、産後ケアをしながらダイエットを実践しなければいけません。無理のない範囲で運動をして、栄養バランスに優れた食事を摂りましょう。カルシウムをたっぷり摂って、栄養補給には十分に注意することが重要です。
骨盤の矯正効果のあるウエストニッパーなどを利用するのも、いい方法です。また、ヨガやストレッチにも骨盤を閉じる効果に優れたものがあるので、取り入れてみるといいでしょう。
ただし、出産後は身体が不安定な状態になっていることもあるので、無理をするのは禁物です。産後はダイエットに適した時期と言われているので、体重を落とすことも通常よりは楽なはずです。無理のないダイエットで、お腹まわりを引き締めていきましょう。

カテゴリー:産後ダイエット

腹筋を鍛える男性のダイエット

男性がダイエットに挑戦する目的は、人それぞれです。お腹を中心に痩せたい人もいれば、引き締まったたくましい身体を目指している人もいるでしょう。男性の場合は女性のようにくびれたウエストを目指すだけでなく、筋肉トレーニングによって全身のバランスを整える人も多いようです。
お腹の中央には、腹斜筋と腹直筋があります。腹斜筋を強化すると、ウエストに適度なくびれを作ることができます。身体を横に持ち上げるサイドプランクで、脇腹を中心に強化していきましょう。
腹直筋を強化するのに有効なのが、レッグレイズやクランチです。レッグレイズは床に寝転んだ状態で行い、腹直筋下部に作用します。
クランチは筋トレの中でも基礎的な動作と言われ、様々なトレーニングに導入されています。寝転んだ状態で上半身を起こす動作で、腹直筋の上部に有効に作用します。
男性が思い描く理想の体型は人によって違いますが、代表的なものとしてはジーンズが似合う引き締まった身体が挙げられます。そのため、お腹に贅肉がたくさんあるような、たるんだ体型はダイエットで引き締めていくことが望ましいでしょう。
お腹を中心としたダイエットに取り組む場合は、引き締まった理想の体型を思い描くことが大切です。理想の体型をイメージすることで、ダイエットへのモチベーションを高め、持続していくことができるでしょう。
たくましく引き締まったお腹は、男性をより魅力的に見せてくれます。健康的に身体を引き締めるためにも、上手に筋トレを行っていきましょう。

カテゴリー:男性のダイエット

男性向けの筋トレ

男性の肥満の中でも代表的なのが、中年太りなどのお腹だけ出っ張ってしまうケースです。これは男性が内臓脂肪が多くあることと関係しています。
内臓脂肪は皮下脂肪と比べて、無くしやすいとされています。そのため、ダイエットの効果があらわれやすく、効率良く身体を引き締めることができるでしょう。たるんだお腹を改善するために、筋トレに挑戦してみましょう。
特に男性に向いているダイエット方法に、筋肉トレーニングがあります。筋トレをしっかり行うことで、ぽっこりしたお腹もスリムにすることができるでしょう。
筋トレには様々な方法がありますが、中でもダンベルを使用したトレーニングはおすすめです。まず両足を肩幅くらいに開いて、ダンベルを握ります。そして手を真下に下ろしながら、息を吐きつつ上半身にひねりを加えます。
ここで注意したいのが、足を固定しておくことです。足が動くと筋肉への負荷が軽減してしまうので、できるだけ足を動かさないように意識しましょう。
また、寝転んだ状態で行うクランチも、ダイエットにいいとされています。足をイスなどを使って固定したら、息を吐きながら上半身を起こしていきます。上がりきったら息を吐きながらもとの姿勢に戻り、この動作を繰り返していきます。
このときに呼吸や腹筋の動きを意識すると、よりいい結果を得られると言われています。最初は足を伸ばした状態で行って、慣れてきたらひざを曲げるようにするといいでしょう。腹筋を強化することで、お腹も引き締まっていくはずです。

カテゴリー:男性のダイエット

男女別脂肪のつき方

男性と女性では体質や体型が異なるため、太り方も少し違います。女性の場合は皮下に脂肪がつくという特徴があります。脂肪が付きすぎているお尻やタプタプとした二の腕、ぽっこりとしたお腹は、女性によく見られます。
女性の脂肪は柔らかく、特定の場所に蓄積されやすいとされています。女性の脂肪は、皮膚の下位部分に蓄積していきます。これは筋肉よりも外側に位置しており、皮下脂肪と呼ばれます。
皮下脂肪が蓄積しすぎると、体重も増加してしまいます。そして、膝など他の部位にも負担がかかってしまうので、ダイエットをして引き締める必要があります。
男性の場合は、ウエスト付近に内臓脂肪がつくという特徴があります。この脂肪はお腹にある、筋肉の内側の腹腔内に蓄積していきます。これは年齢を重ねるごとにあらわれるようになり、特に中年男性のお腹に顕著に見られます。
内臓脂肪は、外部からの衝撃から内臓を保護する役割を担っています。そのため、ある程度は必要ですが、過度についた状態は、メタボリックシンドロームなどのリスクを高めます。
女性につきやすい皮下脂肪は、ダイエットをしても無くすことは難しいとされています。対して、内臓脂肪はダイエットの効果があらわれやすく、落としやすいという特徴があります。
性別によって脂肪の種類は異なるため、それぞれの特徴を踏まえた上で適切なダイエット計画を立てる必要があるでしょう。効果的にお腹を引き締めるために、トレーニングの方法や食事の内容など工夫していきましょう。

カテゴリー:男性のダイエット

男性のためのダイエット

お腹まわりのダイエットが必要なのは女性だと思いがちですが、男性でもダイエットに挑戦する人はたくさんいます。男性にとっても贅肉の少ない、引き締まった身体は理想とされているのです。
男性は女性に比べて筋肉質なので脂肪はつきにくいですが、年齢を重ねるごとに太ってくる傾向にあります。これは中年太りと言われるもので、最近では多くの男性が体型に変化を感じているようです。
昔は男性はたくましく見えることから、太っていることが問題視されていませんでした。ですが、最近では男女問わず健康的な体型が好まれる傾向にあるようです。
また、肥満体型は自己管理がないことの象徴のように捉えられることもあり、だらしがないと思われることも多いようです。そのため、男性でもダイエットによってお腹を引き締める人は増えています。
特に男性の場合は、お腹まわりに贅肉がついていると、たくましさが軽減してしまいます。そのため、筋肉トレーニングを中心としたダイエットで、理想的な身体を作り上げることが多いようです。
メタボリックシンドロームも男性がダイエットを意識する、きっかけとなることが多いと言われています。肥満をきっかけとして糖尿病や高血圧などが引き起こされることは多く、肥満は見た目だけでなく健康にも悪影響を与えます。
計画的に、無理のない範囲でダイエットを続けていくことで、お腹まわりの贅肉は自然に落ちていきます。健康のことも考えて、早い段階でダイエットを開始することが望ましいでしょう。

カテゴリー:男性のダイエット

ダイエットの停滞期を乗り切る

ダイエットは地道に続けていくことで、効果があらわれはじめます。ですが、しばらくダイエットを続けていると、体脂肪率や体重に変化が見られなくなることがあります。それはダイエットの停滞期と言われ、このタイミングで挫折してしまう人が多いようです。
停滞期はダイエットの最大の難関とも言え、運動や食事制限をしても体重に変化が見られないようになります。停滞期となる原因は、身体が持つ仕組みに隠されています。
人間は飢えに耐えていた頃の太古の記憶を持っていて、痩せはじめることで身体は危機感を覚えます。そのため、少しのエネルギーでも活動できるように、身体が対応するようになります。つまり、低カロリーでも活動に支障がないように、体内環境が変化するのです。
痩せるために食事制限をしたり、低カロリーな食事を心がけていても、停滞期にさしかかるとエネルギーが余ってしまうようになります。停滞期になると体重に変化が見られず、体内に栄養を取り込むようになってしまうのです。
ですが、ここでダイエットをやめてしまっては、お腹まわりをスリムにすることはできなくなります。停滞期であっても、しっかりお腹ダイエットを持続していくことが大切なのです。
しばらくお腹ダイエットを続けていると、あるタイミングからまた体重が変化するようになります。停滞期は一定の期間だけなので、それさえ乗り切れることができれば、ダイエットを成功させることは難しくありません。投げ出さずに地道に続けていくようにしましょう。

カテゴリー:ダイエットの豆知識

短期間でやせたい場合に

ダイエットは食事制限や運動などが伴い大変なため、美容整形手術やエステサロンでの施術という方法を選択する人も多いようです。ぽっこりとしたお腹やくびれのないウエストを美しく改善することができるので、部分やせや短い期間で効果があらわれるという特色があります。
エステサロンでの施術では、主にマッサージを受けることになります。脂肪をマッサージの力で柔らかくすることで、脂肪燃焼を向上させます。
また、リンパの流れを促進するとともに、疲労を軽減させ、骨格を正常な状態へ導く効果もあります。リラックス効果も高く、心穏やかにダイエットができることから、人気の高い方法と言えます。
特にしつこいセルライトをきれいに除去できるのも、エステサロンで受けられるケアのメリットです。超音波を使用したエステマシーンの利用など、エステサロンならではの施術を受けることができるのです。
美容整形手術では、脂肪吸引などが行われます。脂肪を除去することで、ぽっこりしたお腹をスリムな状態にすることができます。この方法は、これまでのダイエットがうまくいかなかった人、短時間で結果を出したい人に向いていると言えるでしょう。
また、お腹に限らず、様々な部位を理想の形にすることができます。たとえば、お腹で吸引した脂肪を豊胸手術に利用することで、美しいバストラインを作り出すことも可能なのです。
ただし、手術や施術には多くの費用が必要となります。また、麻酔などによって身体に負担がかかってしまうということも、頭に入れておくようにしましょう。

カテゴリー:短期間のダイエット

下着でお腹をカバー

ぽっこりお腹は早く何とかしたいものですが、即効性のあるダイエットはなかなかありません。そんなときに便利なのが、スリムに見せることができる下着です。
スリム効果のある下着には、2つのタイプがあります。1つは脂肪を燃焼させる効果を持つ、体質改善ができるタイプです。このタイプの下着は、身につけるだけで運動量が増加する効果があります。
身につけると自然に歩幅が広くなり、身体の動きが大きくなります。そのため、知らず知らずのうちにダイエット効果が高まり、無理なくやせることができるのです。
肥満の原因の1つである、運動不足を解消できることから、普段運動をする習慣がない人にもおすすめです。これはダイエットに活用しやすいアイテムと言えるでしょう。お腹の他に、二の腕やバスト、お尻などにも効果があると言われているので、試してみることをおすすめします。
もう1つは、骨盤矯正効果で体型を整え、骨格を正常な状態にするものです。お腹が出ているのは姿勢の悪さが原因の場合もあるので、姿勢を正しくすることでお腹をすっきり見せることができます。
また、姿勢の悪化は、筋肉の劣化を招き、お腹を中心に脂肪が溜まってしまいます。下着を利用して骨盤の位置を正しいものにすることで、姿勢を良くするとともに、効果的にお腹を引き締めることができるのです。
2つともダイエットに効果があるので、自分に合った下着を選ぶようにするといいでしょう。下着は続けて身につけることで効果があらわれるので、日常的に着るようにしましょう。

カテゴリー:お腹ダイエット

メタボを解消しよう

ここ何年かで、メタボリックシンドロームは社会的な問題となってきました。そのため、お腹を中心としたダイエットの目的は、メタボ対策だという人も多いでしょう。
メタボは、高脂血症や高血圧、高血糖、内臓脂肪型肥満のうち、どれか2つ以上の症状があらわれることを言います。放っておくと動脈硬化などに発展することもあり、早期解消が望ましいとされています。
お腹に脂肪が付きすぎている場合はメタボのおそれがあり、腹囲によって判定することができます。その基準は、男性で85cm、女性で90cmとなっています。さらに中性脂肪が150mg/dl以上でHDLコレステロールが40mg/dl未満という条件もあります。
さらに、最高血圧が130mmHg以上あるいは最低血圧85mmHg以上であることも、条件に含まれます。また、空腹時に血糖値が110mg/dl以上であることも判断基準となります。内臓脂肪があること、そして血糖値、血圧、中性脂肪の中で2つ以上に該当すると、メタボと判定されます。
男性はもともと内臓脂肪がつきやすいと言われているため、女性よりもメタボのリスクは高まるでしょう。そのため、お腹まわりが気になる人は、早めにダイエットをはじめる必要があります。
ダイエットを成功させて、メタボを改善するには、低カロリーな食事と運動を計画的にしていくことが大切です。運動はウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を中心に、毎日少しずつでも実践していきましょう。

カテゴリー:お腹ダイエット

ダイエットではイメージが大切

ダイエットをして理想の体型を手に入れるには、イメージすることが重要だと言われています。痩せてスタイルが整った状態を想像することは、ダイエット成功の大切な要素だと言えるのです。そして、そのイメージに近づけるようにしていくことが大切です。
肥満には、疾患や加齢、運動不足など様々な要因が隠れています。中でも多いのが飲み過ぎや食べ過ぎが原因となっている肥満です。
お酒を飲んだりおいしいものを食べることは、とても楽しいことです。人によっては、趣味やストレス解消として、楽しんでいる人もいるでしょう。ですが、過剰にカロリーを摂取するのは、肥満の原因となってしまいます。
身体のラインが崩れてしまったり、お腹がぽっこりとしてしまう原因ともなってしまうので、十分に注意する必要があります。ダイエットを成功させお腹を引き締めるには、痩せたいという気持ちを持続することがポイントです。
それには、理想の体型を手に入れた自分自身をイメージすることが大切です。男性の場合はお腹が引き締まった力強い姿を、女性の場合はウエストがくびれた美しい姿を想像してみましょう。
ダイエットは途中でモチベーションが低下してしまうことは珍しくなく、成功させるには強い意志が必要です。もしも途中でダイエットが嫌になってしまったら、痩せて美しくなった自分の姿をイメージしてみましょう。
そうすれば、低下していたやる気が復活するかもしれません。挫折してしまいがちなエクササイズや食事制限も、乗り越えられるでしょう。

カテゴリー:ダイエットの豆知識

きれいなくびれを作るために

きれいなくびれは、女性の憧れとも言えるでしょう。お腹を中心としたダイエットは、ぽっこりお腹に効果を発揮しますが、くびれを作り出すことはできない場合があります。美しいくびれを作るには、適切なお腹ダイエットを行うことが大切です。
そもそも、くびれがなくなってしまうのは、お腹まわりに贅肉がついてしまうことが原因とされています。若い頃であれば脂肪燃焼が活発に行われるため、お腹まわりも比較的すっきりしています。ですが、年齢を重ねるごとに脂肪燃焼は低下していくため、贅肉がつきやすくなってしまうのです。
また、リンパの流れの停滞やむくみが原因で、くびれがなくなることもあります。腸にガスや老廃物が蓄積することも、お腹がぽっこりしてしまう原因と言えるでしょう。
ダイエットをしてくびれを作り出すには、有酸素運動が有効だと言われています。有酸素運動は脂肪を燃焼させる作用があるので、脂肪の除去には最適と言われています。
有酸素運動の中でも実践しやすい、ヨガやウォーキングを習慣的に行うようにしましょう。腰にひねりを加えることで、ウエストにきれいなくびれが生まれやすくなります。
同じく腰をひねる動作が加わった、ベリーダンスやフラダンスもおすすめです。お腹の筋肉を強化することで、ダイエットにもいい影響を及ぼすでしょう。
骨盤のゆがみが、きれいなくびれを無くしていることもあります。骨盤矯正ベルトなどを活用して、ウエストラインを整えるようにしましょう。

カテゴリー:お腹ダイエット

むくみの解消

女性を中心に、むくみが気になる人は多いようです。お腹にくびれがないのはむくみが原因の場合もあるため、早い段階で解消することが望ましいと言えます。
人間の体内には、たくさんの水分が含まれています。その水分が引き金となって、むくみは引き起こされます。特に立ち仕事が多い人や、デスクワークなど同じ姿勢を長時間続けている人は、むくみが発生しやすいと言われています。
これは、重力の影響で下半身に水がたまってしまうことが原因と考えられます。朝に顔にむくみがあらわれるのは、睡眠中に水分が全身に行き渡ってしまうからだと言われます。
むくみは血行不良や冷えなどが原因となって、引き起こされることもあります。インスタント食品や塩分の過剰摂取やビタミンミネラルの不足、新陳代謝の低下、運動不足などが原因となることもあります。
むくみが生じると、顔が太って見えたり、足が太く見えたりと、見た目にも悪影響を与えます。お腹がたるんでしまうこともあり、お腹をすっきりさせるにはむくみを改善しダイエットに取り組む必要があります。
贅肉とむくみの区別は難しいですが、お腹に触ってみるとある程度は判断できます。お腹が冷たく、柔らかい状態は、むくみによるものと考えられます。また、水分の摂りすぎによって、次の日にお腹が張った感じがするのもむくみによるものです。
むくみが気になるときは、お腹ダイエットのためのマッサージが有効です。仰向けの状態で両手を下腹部にセットし、上腹部の方向に手を払うようにマッサージしていきます。むくみはもちろん、ダイエットにも効果があるので、続けていくといいでしょう。

カテゴリー:ダイエットの豆知識

体型に合ったダイエットを

ダイエットを続けているのに、なかなか効果があらわれないということがあります。それは体型にマッチしないダイエットを行っているからかもしれません。
体型は人によって異なるため、同じダイエット方法を試しても、効果があらわれないこともあります。より効果的にお腹を引き締めるために、体型に合わせてダイエットを行いましょう。
お尻やお腹を中心に下半身に贅肉が付いてしまうのは、洋ナシ型と言われます。洋ナシ型はケーキや肉などカロリーが高いものをよく食べる人に多いようです。できるだけカロリーの高い食品を避け、野菜を中心に食べることで効果的に痩せることができるでしょう。
また、このタイプはリンパの流れが停滞しているケースがよく見られます。運動を習慣化し、リンパ液や血液の流れを正常にするようにしましょう。
お腹が丸みを帯びている人は、リンゴ型体型と言われています。このタイプは、内臓脂肪が蓄積されやすいのが特徴です。更年期に差しかかった男女によく見られます。
リンゴ型体型の人はたくさんの食事を早く食べてしまう傾向にあるので、できるだけ時間をかけて食べるようにしましょう。また、腹筋運動などを取り入れるのも有効です。
バナナ型体型は、一見スリムに見えます。ですが、実際は服で見えないだけで、お腹だけがぽっこりしていることがあります。
この体型は筋肉が少ないことが特徴で、脂肪が蓄積されやすいとされています。消化のいい食事に切り替え、適度な運動で長期的なダイエットに取り組むことで、改善できるでしょう

カテゴリー:ダイエットの豆知識

便秘がぽっこりお腹の一因

ぽっこりお腹には様々な原因が隠れていますが、その1つに便秘があります。便秘は老廃物がスムーズに排出されていない状態なので、健康にも悪影響を与えています。放っておくと肌荒れなどのトラブルを引き起こすこともあるので、早い段階で対策を施す必要があるでしょう。
便秘に有効とされているのが、腸を活性化することと、食物繊維をたくさん摂ることです。食物繊維は野菜に多く含まれており、特に海草類や根菜は効果的に食物繊維を摂ることができる食品です。
ダイエットにとっても、野菜をたくさん食べることはいいとされています。野菜中心のメニューを心がけ、たくさんの水と一緒に食べるようにすれば、便秘解消とダイエットの2つの効果が得られるでしょう。
腸内を正常な状態に導くには、乳酸菌が豊富に含まれるヨーグルトを食べるのもおすすめです。ヨーグルトは腸を健康な状態にするために欠かせない善玉菌を増やし、悪玉菌を減少させることができます。
お腹を健康な状態にしたら、ダイエットと便秘解消のためにストレッチやマッサージを行いましょう。時計回りでさするように行うマッサージは、便秘解消に高い効果があるとされています。胃腸や大腸に作用して、働きを高めることができます。
腹式呼吸を取り入れたストレッチも、おすすめの方法です。適切な呼吸を心がけながらストレッチをすると、お腹の引き締め効果が高まります。腸も刺激を受けるので、便秘解消にも適したストレッチと言えるでしょう。

カテゴリー:お腹ダイエット

バスタイムを利用したダイエット

いつものバスタイムも工夫次第で、エクササイズに活用することができます。お風呂では身体が温まった状態なので、そこでエクササイズをすることで新陳代謝を促進することができるのです。そのため、お風呂でできるエクササイズは、ダイエットに有効だと言われています。
たとえば、身体を洗っているときも、ダイエット効果の高いエクササイズを取り入れてみましょう。太ももやお尻を洗うとき、左側を右手で、右側を左手で洗うようにします。いつもと反対の手で洗うことで、自然にひねりの動作が加わり、効果的にお腹に刺激を与えることができるのです。
お腹の贅肉が気になる人は、お風呂でできる腹筋運動もプラスしていきましょう。このエクササイズは湯船に浸かった状態で行います。
湯船の中に腰を下ろしたら、両手を湯船の縁にセットしましょう。手は身体の横に置くようにし、背筋を伸ばしてきれいな姿勢を意識します。
そして、両足を揃えた状態で、V字を意識しながら足を上げていきます。お腹の筋肉が心地よく刺激されていることを意識しつつ、背筋を伸ばしながら姿勢をキープします。
その状態で5秒間静止したら、十分に時間をかけながらもとの姿勢に戻りましょう。この動作を20回程度繰り返し行うと、ダイエット効果が高まります。このエクササイズは、下腹を中心に効果が見られると言われています。
お風呂でのエクササイズは、リラックスしながらできることが魅力です。毎日のバスタイムを利用して、効果的にシェイプアップしてきましょう。

カテゴリー:ダイエットの豆知識

正しい姿勢でお腹ぽっこりを防止

お腹がぽっこりしてしまう原因の1つが、姿勢の悪さだと言われています。お腹を引き締め、ダイエットの効果を高めるには、正しい姿勢をキープすることが大切です。背筋をぴんと伸ばすと、適度に筋肉が刺激され、それだけでダイエットにはいいとされています。
天井から頭を吊されているような感覚でいることが、正しい姿勢を保つ上で重要なポイントです。首を伸ばし、あごは引き気味で、お腹とお尻は意識して力を入れておきましょう。
ひざとふくらはぎは、なるべく開かないようにし、つま先は少し開いておくと美しい姿勢をキープできます。最初は姿勢を維持するのが大変かもしれませんが、慣れてくれば難しくありません。
姿勢が悪いと、人への印象にも悪い影響を与えてしまうおそれがあります。また、悪い姿勢はダイエットにもいい影響を及ぼしません。
だらっとした姿勢は、背筋や腹筋が適切に使われていない状態となります。筋肉を長期間使わないと退化し、余計に肥満が進行してしまうのです。
肥満が気になり出すと、人目を気にしてついついうつむきがちになってしまいます。ですが、背中を丸めてうつむき加減でいると、ますます太ってしまいやすいので注意が必要です。
正しい姿勢を意識することで、日常的に筋肉は強化されていきます。そのため、基礎代謝も高まり、効果的にダイエットができるでしょう。
正しい姿勢が維持できるようになったら、歩き方も意識して変えていくといいでしょう。優雅に歩幅を広くとって歩くようにすれば、お腹も効果的に引き締まるはずです。

カテゴリー:お腹ダイエット

マッサージでお腹をすっきり

マッサージは気持ちがいいだけでなく、ダイエットにも効果が高いとされています。シンプルなマッサージであれば時間を選ばずできるので、お腹をすっきりさせるためにも習慣的に行いましょう。
お腹に刺激を与えるマッサージでは、お腹の筋肉をこするように行うのがポイントです。両手をお腹にセットして、外側から中心の方向にこすっていきましょう。
しつこい脂肪を落としたい場合は、揉むようにマッサージするとダイエット効果が高まります。まずはおへそから脇腹に蓄積した脂肪をつまみましょう。
脂肪をつまむときは、指先だけを使うのではなく、掌全部でたくさんの脂肪をつかむようにします。こうすることで、筋肉に大きく作用し、ダイエットにいい影響を与えるでしょう。
単調な動きだけでなく、自分で手の動きを工夫することが大切です。ねじりを加えたり、揉み込むような動きを取り入れたりしながら、お腹を十分に刺激していきましょう。
お腹のマッサージは、1日あたり3回程度行うとダイエットにいいとされています。ですが、強い力で何回もマッサージをすると、肌がダメージを負ってしまうことがあります。痛くない程度の力加減を心がけ、時間をかけて揉むようにするといいでしょう。
脇腹からお腹に腕を移動しながらウエストを引き締める方法や、おへその下から上にみぞおちになでていく方法も、効果的と言われています。入浴後などに行うようにし、お腹まわりをすっきりさせていきましょう。

カテゴリー:お腹ダイエット

ヨガでお腹を引き締める

ヨガは女性を中心に、人気を集めているエクササイズです。健康はもちろん、ダイエットにもいいとされているので、挑戦してみてはいかがでしょうか。
ヨガは通常の運動では刺激しにくいと言われる、インナーマッスルに効果があるとされています。また、有酸素運動でもあり、体力を使うエクササイズでもあるので、お腹を引き締めるのに効果的なのです。
リラックス効果が高いというのも、ヨガが持つ魅力の1つと言えるでしょう。心穏やかに様々なポーズを楽しめることが、ヨガの人気の理由と言えるのです。
ダイエット効果が高く、お腹を引き締めることができると言われるのが「V字のポーズ」です。床に座った状態で、両ひざを揃えるところから、ポーズはスタートします。そして息を吐きながら、時間をかけて右足を持ち上げていきます。
次に息を吸いながら、左足も持ち上げましょう。このときに、両方の足が同じくらいの高さになるように、意識することが大切です。
そして、息を吸いながら、両方の腕をマットと平行になるように意識しつつ持ち上げます。その状態をキープしながら、ゆったりと3回呼吸をしましょう。
このポーズはヨガが初めての人でも成功しやすいとされています。何回か実践して慣れてきたら、足をもっと上の方に持ち上げ、よりお腹を刺激しましょう。横から見たときに、美しいV字になっていることがポイントです。
ヨガは身体が温かい状態で実践することで、ダイエットにいいと言われています。十分に身体を温めて、怪我がないように実践しましょう。

カテゴリー:お腹ダイエット

ストレッチでお腹ダイエット

すっきりと細いお腹は、誰もが憧れるのではないでしょうか。すっきりお腹になるためには、ストレッチが有効だと言われています。
腹筋を刺激することができるストレッチは、脂肪が気になるお腹にも効果的に作用します。とてもシンプルな動きなので、ダイエットの一環として実践してみるといいでしょう。
まずは、脚を肩幅と同じくらいに開き、横方向に上半身を傾けていきます。この動作のポイントはお腹の脇を意識することで、できるだけ時間をかけて動き、その姿勢を数秒間維持します。
そして、ゆっくりと最初の姿勢に戻り、反対側も同じ動作を繰り返します。右と左で1セットとして、10セット程度行うといいでしょう。
このストレッチは狭い場所でもできるので、仕事の合間などでも手軽に実践できます。習慣的に行うことで、ダイエットの効果が高まり、お腹がすっきりとしてくるでしょう。
イスに座った状態で行うストレッチも、ダイエットにおすすめです。浅めにイスに座った状態で、アームレストや太ももの横に手をセットしましょう。
腹筋に負荷がかかっていることを意識しながら、ひざを胸の位置にまで持ってきます。上半身は最初の状態をキープしつつ、ひざを持ち上げるのが大切なポイントです。
持ち上げたひざは、十分に時間をかけて最初の状態に戻します。これを10回程度繰り返すと、お腹が刺激され、ダイエットに効果的です。
座ったままでできるストレッチは、デスクワーク中などでも実践できるのが魅力です。意識的に行うようにして、効率良くダイエットをしていきましょう。

カテゴリー:お腹ダイエット

ウォーキングで脂肪燃焼

ウォーキングはダイエットにいいとされ、手軽にできることからも実践する人が多い運動と言われています。効果的に脂肪を燃焼し、お腹を引き締めることができるので、挑戦してみましょう。ウォーキングにはいくつかのポイントがあるので、それらを押さえて行うことが大切です。
まずは姿勢ですが、背筋をぴんと伸ばし、腕は90度くらいをキープするようにします。これを基本の姿勢として、崩れないようにしましょう。
ダイエットを目的としたウォーキングでは、いつもより少し早足にするのが大切なポイントです。歩いてて少し息が上がる程度が、理想的なウォーキングと言えます。
ただし、あまり早く歩きすぎると疲れてしまうので、終了1分後に普通の状態に戻る程度がいいとされています。無理をし過ぎず、自分の体力に合わせて実践することが大切です。
ウォーキングは毎日、習慣的に行うのがいいと言われています。ダイエットでお腹を引き締めるために、毎日行うようにしましょう。
ウォーキングは身体への負担が少ないとされ、性別や年齢にかかわらず誰もが実践できる運動です。過度に疲れたり、ひざを傷めたりするリスクも低いので、ダイエットに適した方法と言えるのです。
また、ダイエットは持続することで、効果があらわれるとされています。どんなに優れたダイエットでも継続しなければ、いい結果は得られません。その点、続けやすいウォーキングはお腹の引き締めに適していると言えるでしょう。

カテゴリー:運動でダイエット

運動でお腹ダイエット

お腹まわりがすっきりしているのは、美しい体型維持に欠かせない要素と言えるでしょう。お腹を引き締めるには、筋肉を強化する必要があります。
そもそも、お腹に脂肪がつきやすいのは、身体の持つ構造が関係しています。お腹には内臓があり、それを保護するために内臓脂肪が蓄積されています。
ですが、筋肉が衰えるとともに、内臓脂肪が増加すると、その影響で内臓の位置が変化してしまいます。そして、お腹がぽっこりとし、太って見えてしまうのです。これを解消するには、内臓の位置を正常な状態に戻す必要があります。
内臓を正常な位置に戻すには、適度な筋肉をつけることが重要となります。筋肉をつけることで下に移動していた内臓が、正常な位置に矯正されるのです。結果的に、ぽっこりと出ていたお腹も正常な状態へ戻ります。
内臓の位置が変化すると、骨盤の位置もずれてしまうことがあります。筋肉を強化することで、骨盤の状態も良くなるので、全身の姿勢が改善されるのです。
また、筋肉強化を目的として運動をすると基礎代謝も向上し、ダイエットの効果がアップします。基礎代謝が上がると、食事によって得たカロリーも消費しやすくなるので、効果的にお腹を引き締めることができるのです。
引き締まったお腹は、女性にとって憧れとも言えるでしょう。理想のお腹を手に入れるためには、適度に運動をしてダイエットを続けていくことが大切です。正しい方法でダイエットを実践してきましょう。

カテゴリー:お腹ダイエット

日常生活にちょっとした工夫を

ダイエットでお腹まわりをすっきりさせたくても、運動のための時間がとれない人もいるでしょう。ですが、日常生活で少し意識することで、やせることは可能です。
たとえば、歩くときに意識して歩幅を広くしながら、早く歩いてみましょう。有酸素運動と同様の効果を得られることから、ダイエットに有効に作用するはずです。
エスカレーターやエレベーターの使用もできるだけ控えて、階段を上り下りするのもおすすめの方法です。1つ手前の駅で下車して、意識して歩くようにするのもいいでしょう。
家にいるときも、空いている時間で簡単なストレッチやかかとの上下運動などを実践してみましょう。歯磨き中やテレビを見ているときに行えば、手軽に運動することができます。
お腹に力を入れることも、引き締め効果があります。イスに座っているときに、意識してお腹に力を入れてみましょう。省スペースでできるので、運動するための場所がない場合も簡単に実践できます。
カラオケもダイエットに有効と言われています。腹式呼吸を意識して行うことで、お腹が引き締まる効果を得ることができます。
また、正しい姿勢を保つことも、ダイエットにつながります。ぽっこりお腹の原因が猫背の場合もあるので、姿勢をきれいに保つことでお腹を引き締めることができるのです。また、姿勢を維持するときに腹筋を意識することで、ダイエット効果を高めることができるでしょう。
普段の生活を少し工夫することで、手軽にダイエットすることができます。忙しい人も、できることからはじめてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー:運動でダイエット

サプリメントを使ってダイエット

お腹ダイエットを成功させるために、サプリメントを利用するのもいい方法です。ダイエット効果の高いサプリメントには、脂質の吸収を抑制するもの、脂肪燃焼効果のあるものなどがあります。運動やカロリー制限と併せてサプリメントを利用することで、より高い効果を得られるでしょう。
若い頃はいくら食べても太らなかったのに、年齢を重ねてくると太りやすくなるというのはよく聞く話です。これは、加齢によって新陳代謝が低下してくることが原因とされ、ダイエットの効果もあらわれにくくなると言われています。
新陳代謝の低下は、筋肉が衰えることで起こります。また、年齢を重ねることでホルモンバランスは乱れていきます。女性ホルモンの分泌量も低下することで、脂肪が燃焼しにくくなってしまい、結果的にお腹まわりに脂肪が蓄積してしまうのです。
そんなぽっこりお腹に有効なのが、各種サプリメントです。特に効果があるとされているのがα-リポ酸やクエン酸、アミノ酸、カテキン、カプサイシン、L-カルニチンなどです。どれもダイエットに効果的に作用すると言われているので、活用してみるといいでしょう。
より美しくダイエットを成功させたい人は、美肌に導く成分が入ったサプリメントを利用することをおすすめします。コラーゲンやビタミンC、ヒアルロン酸は肌をきれいに整える効果に優れた成分です。サプリメントを利用してスタイルを整えるとともに、肌もきれいにしていきましょう。

基礎代謝を理解する

ダイエットでお腹を引き締めるには、食生活の見直しや適度な運動が効果的だと言われています。さらに、ダイエットの効果を上げるために、基礎代謝をアップさせる方法も知っておくといいでしょう。
基礎代謝は、人間が生活する最低限必要とされるエネルギーのことを言い、その量は年齢や性別によって異なります。基礎代謝は運動などによって消費するカロリーではなく、じっとしているだけで消費されるカロリーを指します。成人男性の場合は1500kcal、女性は1200kcalです。
1日の大半がデスクワークの場合は、身体活動レベルⅠとなり、20代男性で2300kcal、女性で1750kcalが目安となります。もっと頻繁に身体を動かしている身体活動レベルⅡの場合は、20代男性で3050kcal、女性で2350kcalとなります。
効果的にダイエットを行い、お腹を引き締めるには、1日にどれくらいのエネルギーを身体が必要としているのかを把握しておく必要があります。1日に必要とされるエネルギー量は、1日あたりの基礎代謝量に身体活動強度指数を掛けることで算出されます。
まず、(身長(cm)×身長(cm)×22(BMI))/10000という式を使って、健康体重を算出しましょう。さらに、基準体位とエネルギーの食事摂取基準をもとに、身体活動レベルや性別にマッチした数値を選択します。そして基礎代謝基準値と健康体重を掛け合わせ、基礎代謝量を求めます。
それに身体活動強度指数を掛けると、エネルギー必要量がわかります。お腹ダイエットを成功させるために、自分のエネルギー必要量を理解しておきましょう。

太りにくい食事

ダイエットの第一段階として、まずは食生活を見直してみましょう。カロリーの摂取量はもちろん、食べ方にも太ってしまう原因が隠されていることがあります。
基本的には、栄養バランスに優れた食事を適量食べることが、ダイエットにいいと言われています。より効果的なダイエットを実現するために、さらに食べ方も工夫してみましょう。
ダイエットのために、朝食を食べない人もいますが、あまりよくありません。朝は1日がスタートする大切な時間なので、元気に過ごせるように十分に食事を摂る必要があります。
三大栄養素である資質、タンパク質、そして炭水化物を基本として、さらにミネラルやビタミンがたくさん含まれる果物をプラスしましょう。朝食をしっかり食べると、身体の働きも高まり、健康にもいいと言われています。
朝食をしっかり食べられたら、昼食は少し控えめにします。そして、夕食はもっと少なくすることで、気になるお腹の脂肪に効果的に作用します。
また、1日に摂ったカロリーは、次の日に持ち越さずに消費しておくことも大切です。カロリーを無駄なく消費することで、ダイエットの効果が高まり、お腹も引き締まってくるでしょう。
また、食物繊維は健康にもダイエットにもいいとされているので、たっぷり摂ることをおすすめします。食物繊維は野菜に多く含まれているので、食事に野菜を使った料理を加えるようにしましょう。満腹感を与え、便秘を解消する働きがあるので、積極的に摂ることでお腹がすっきりするはずです。

カテゴリー:食事

食生活を見直そう

充実した生活は私たちの健康にとって、大切な要素と言われています。もちろんダイエットでも、食生活を見直して適切な食事を続けることが大切とされています。
特にお酒は、ダイエットの弊害となってしまうことが多いようです。お酒は果物やいも、穀類を原材料としているため、タンパク質や糖質を多く含みます。そのため、飲み過ぎはカロリー過多を招いてしまうのです。
また、摂取したカロリーの一部は体温を上げたり、血行を良くするために使用されます。それには食欲の増進が伴うことがあり、お腹に脂肪を蓄積しやすくしてしまう作用があります。そのため、休肝日を作って、お酒をできるだけ控えることがダイエットにとって大切と言えるのです。
また、若い頃はたくさん食事をしても、新陳代謝がいいため脂肪は蓄積しづらいとされています。身体を動かす機会も若い頃の方が多いため、必然的にカロリー消費が多くなります。
そのため、スリムな体型を維持しやすいと言われているのです。ですが、年齢を重ねても同じ食事量を続けていると、脂肪は確実に蓄積してしまい、お腹がぽっこりしてしまう原因となってしまいます。
年齢を重ねると、溜まった脂肪を落とすのも大変になってしまいます。そのため、日頃から食事量をコントロールして、適切な食事を続けることが大切だと言えるのです。
お腹まわりをすっきりさせるには、計画的なダイエットを実践する必要があります。食事量やお酒の量を調整して、意識的にダイエットをしていきましょう。

カテゴリー:食事

お腹をすっきりさせるには

ぽっこりお腹が気になったら、ダイエットを開始しましょう。お腹を引き締めるダイエットには様々な方法があります。
太ってしまう原因は様々ですが、睡眠不足や生活習慣の乱れは体型に悪い影響を与えると言われています。上質な睡眠を心がけ、健康的な生活に切り替えるようにしましょう。
また、食べ過ぎも太ってしまう大きな原因とされています。若い頃は新陳代謝が活性化している状態なので、たくさん食べても脂肪は蓄積されにくいと言われています。ですが、年齢を重ねるにつれて基礎代謝は低下していくので、年齢に応じて食事量もコントロールしていかなければいけないのです。
効果的にダイエットを続けていくなら、ダイエットグッズを活用するのもいい方法です。下着やサプリメント、健康機器など、バリエーション豊かなダイエットグッズが登場しています。自分に合ったものを選んで、実践してみるといいでしょう。
適度な運動も、ダイエットには欠かせません。筋肉トレーニングやストレッチで、効果的にお腹を引き締めていきましょう。ヨガもダイエットにプラスに働くと言われているので、試してみてはいかがでしょうか。
筋肉が衰えると、体型も崩れてしまいがちです。衰えてしまった筋肉を再び鍛え直すことで、体型も美しく整えていくことができるでしょう。
ダイエットを成功させ、引き締まった身体を手に入れるには、様々な方法を試してみることをおすすめします。日頃の生活を見直して、すっきりした身体を手に入れましょう。

カテゴリー:お腹ダイエット

お腹がぽっこりする原因

お腹についた贅肉に悩んでいる人は、多いのではないでしょうか。そもそも、なぜお腹は太ってしまいやすいのでしょう。
そのもっとも大きな原因は、内臓脂肪の蓄積と言われています。内臓脂肪は腹腔に蓄積する中性脂肪のことを言い、メタボリックシンドロームの原因とも言われています。
また、加齢によってお腹がぽっこりしてしまう原因としては、運動不足によって筋肉が退化してしまうことが挙げられます。さらに身体はなくなった筋肉を補い、内臓を守ろうとして脂肪を蓄積していきます。
お腹の脂肪が気になったら、早い段階でダイエットを開始する必要があります。ですが、お腹は身体の中でも動きが少ない部分のため、意識的に動かしていかなければ、ダイエットは難しいでしょう。
ダイエットのためには、日常的に身体を動かすことが大切です。空き時間にストレッチを実践したり、エレベーターは極力使わずにできるだけ階段を選ぶなどの工夫は、ダイエットにとって非常に有効です。運動によって筋肉が増えることで、お腹は引き締められるので、しっかり実践していくようにしましょう。
また、ガスがお腹に蓄積している場合も、お腹が出っ張ってしまうことがあります。食物繊維が豊富な食品の食べ過ぎや、胃腸の働きが悪化して消化が正常に行われない場合は、お腹がぽっこりしてしまいます。
また、食べ過ぎや骨盤の歪みなどによっても、お腹が出てしまうことはあるでしょう。まずは原因を特定して、しかるべき対策を立てることが大切です。

カテゴリー:お腹ダイエット

お腹ダイエットのすすめ

人によって、脂肪によるたるみが気になる場所は違います。様々な部位の中でも、お腹は特に脂肪がつきやすい場所と言われています。健康のためにも、美しい体型の維持のためにも、お腹が気になったらダイエットをはじめましょう。
お腹を中心にダイエットをするなら、ストレッチや筋トレがおすすめです。特に腹筋運動は、お腹にダイレクトに効くので、継続して行うことをおすすめします。
ですが、日常的に運動をしない人だと、簡単な筋トレやストレッチであっても持続するのが困難なこともあります。つらくて継続できないのなら、ダイエットの意味はありません。大切なのは、無理のない範囲で計画的にダイエットを続けていくことなのです。
最近では、運動に不慣れな人でも簡単にできるエクササイズが、数多く考案されています。通勤中やイスに座ったままでできるものもあるので、忙しい人でも実践しやすいでしょう。
美しい体型を作るためには、運動は欠かすことができない要素です。毎日少しずつでもいいので、続けていくようにしましょう。
また、ダイエットを成功させるためには食生活も改善していく必要があります。これまでの食事を見直して、カロリーを摂取し過ぎてないかを確認しましょう。
ダイエットの大敵とも言えるのが、間食です。甘い物をたくさん食べている人は、低カロリーのものに変えて、上手にダイエットしていきましょう。それだけでも、お腹まわりの贅肉が減って、少しずつ引き締まってくるはずです。

カテゴリー:お腹ダイエット